皮膚科で頭皮や爪水虫の治療|悩みを解消しよう

皮膚の問題に対応

これまでの歴史や変遷

町中にかなりの皮膚科がありますが、古くから開業している皮膚科の医師は年齢も高く、ほとんどが対処療法の治療です。生まれつきの体質によるトラブルの典型であるアトピー皮膚炎で定期的に通う患者などの対処でさえ、対処療法です。 一般的にかゆみや痛みを伴う湿疹も赤く腫れてる場合、専門医であっても、皮膚がなんらかの理由で炎症を起こしているという判断だけで、原因を特定するのは難しい場合が多いようです。 実際、じんましんやヘルペスなど内科的なウイルスの原因による発疹なのか、外部的要因による皮膚の表面のかぶれや虫刺されなどによる炎症なのかを見分けるのは、今でも発症の仕方や原因が特定できている場合や発症の場所でしか判断できないようです。

今後の動向についての予測

しかし、最近の若い医師が診療している皮膚科では、水虫でさえ、皮膚をとって顕微鏡で観察し、どの菌か特定して処方するという診察の仕方もありますが、薬の効果のほどは目視診療と左程変わらないようです。 ただ、皮膚がんなど怖い病気もあるので、細胞診も場合によっては重要です。 さわってわかる程度の皮膚の浅いところのしこりやふくらみは、単に石灰化したものか、脂肪なのか、良質なのか悪質なのかは調べないとわからないです。 それから、最近はアレルギー専門の皮膚科もあり、円形脱毛やアトピー性皮膚炎などに対応する皮膚科もありますが、賛否両論ありますが、ステロイド治療が多いようです。こうした西洋医学的な治療以外に体内から体質改善してアレルギーを治すところもあるようです。